リサイクルトナーと純正品の違い

大手通販サイトを利用

リサイクルトナーとは使用後のトナーを回収し分解、洗浄、修理、部品の交換を行い純正品と同量の新しいトナーを充填し、もう一度再利用出来るようにしたトナーの事です。一般的に使用済みのトナーは産業廃棄物の対象となりますが、再利用することで地球の環境保護や資源の有効活用になります。
リサイクルトナーのメリットは純正品に比べ価格が安いことです。約3回~5回のリサイクルが可能で定価より約50%~90%OFFでの導入が可能になります。また保証も手厚く、再生品ということもある為、純正品よりも保証が充実しているものもあります。使用後も宅配業者が無料で回収して貰えて便利です。
デメリットは不具合率が純正品に比べ高いことにあります。品質には十分拘られていますが、1.5%~3%程度で不具合が発生しています。また、カラーの色合いが純正品と若干異なる場合があります。
これらのようにリサイクルトナーにもメリットとデメリットがあります。印刷回数が多く色合いへの拘りもあまりなく、出来れば低コストと考えているのであればやはりリサイクルトナーはオススメです。リサイクルトナーを扱っている会社のオンラインストアや大手通販サイトで購入出来るのでぜひ検討してみてください。

きちんとした工場を選ぶ

最近では、プリンターの経費削減のためにリサイクルトナーを利用する企業も増えてきました。リサイクルトナーというのは、純正品のトナーを使い果たした後に、回収したトナー容器に新しいトナーを入れる事で作成したトナーのことで、このリサイクルトナーは純正品に比べてかなり安い価格で購入出来るという大きなメリットがあります。そこで気になる点に、純正品とどの程度の違いがあるのかというものがあると思います。そこで今回は、リサイクルトナーと純正品の違いについて書いていきたいと思います。
純正品のトナーとリサイクルトナーの価格以外の最大の違いといえば、不具合の発生率の違いです。純正品を利用した際に不具合が発生する可能性が1%から2%であるのに対し、リサイクルトナーを利用した場合には不具合が発生する可能性が2%から3%と少し高くなってしまいます。これは、トナー容器をリサイクルして利用していることにより発生するトナー漏れなどの発生が原因と言えるでしょう。
しかし、その不具合の発生率は純正品に比べてもあまり変わらず、不具合を起こすリサイクルトナーの多くがきちんとした工場で作成されていないものでもありますので、リサイクルトナーを購入する際は、国内のきちんとした工場で作成されたものであるのかを確認することをおすすめします。