リサイクルトナーでも安心して使える

生活費もラクになる

家庭でトナーを使って何度か印刷をしていると、トナーを交換してください等と表示が出てくるでしょう。このような表示が出てきた時に考えてしまうのがトナーの購入なのですが、純正トナーを購入するのは意外と費用が掛かるのでどうしようかと悩んでしまう人も多いはずです。それだけトナーは意外とあっという間に無くなってしまうのに価格が意外と高いので生活費などを考えるとトナーの交換はちょっと高いお買い物になってしまうでしょう。
そんな時に純正トナーをまた購入するかもしくは安く済みそうなリサイクルトナーを買ってみるかと悩んでしまう事も有るでしょう。でもリサイクルトナーを購入したことがないし、問題が起きては遅いからと思って結局また高い純正トナーを購入してしまったり、という経験をした人も多いはずです。しかし最近ではリサイクルトナーでも安心して使う事が出来る物が随分と増えています。
リサイクルトナーもリサイクルトナーを販売している業者がしっかりしているところならほぼ全く問題が起きてしまうという事は無いでしょう。なのでインターネットでリサイクルトナーを購入するにしても、店舗でリサイクルトナーを購入するにしても製造元がしっかりしている所なら大丈夫なので安心して利用してみましょう。それでも心配な人はネットショップなどの購入者の口コミを見てから購入すると良いでしょう。

メリットとデメリット

リサイクルトナーというのは、使用済で回収したトナーカートリッジをそのまま使用し、それに新しいトナーを入れて販売しているものです。ここではそのメリットとデメリットについて見ていきましょう。
リサイクルトナーの一番のメリットは価格の安さです。プリンタメーカーは本体の価格を抑える代わりに、消耗品であるトナーで利益を出しています。そのため少々価格が高くなっているのです。しかし、リサイクルトナーはカートリッジを再利用することで安価に販売しています。ランニングコストを抑えるために利用している企業も多いのではないでしょうか。
一方、デメリットは品質が落ちることです。純正品と比べると色合いが異なりますので、デザイン関連など色に対して求めるところがシビアな場合はお勧めできません。
また、不良品の割合が高いことも挙げられます。数%とはいえ純正品と比較するとかなり高いと言えます。トナー漏れが起こったりしてプリンタ本体の故障に繋がることもあるため注意が必要です。純正品を使用していない場合は修理保証が受けられませんし、最悪の場合プリンタを買い換えなければならないでしょう。
リサイクルトナーには以上のようなメリット、デメリットがありますので、それをよく理解したうえで使用しなければなりません。